アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

変化に合わせて

一家の収入を支える人の、万一の事態に備えて加入する生命保険。

人間、生きている以上いつかは死ぬわけで、それが病気などでゆっくり訪れるのか、それとも突然訪れるのかは、誰にもわかりません。
もし、稼ぎ頭となる人がいなくなってしまったら、その後の家族の生活はどうなるのでしょう。
その人がいなくなった時に備えて、その人が稼ぐはずのお金がなくなっても、ある程度は持ちこたえられるよう手配する、というのが、基本的な生命保険の考え方です。

しかし、保険加入者に起こりうるリスクというのは、その時々によって変化していきます。
また、必要とするお金も、その時の状況によって変わっていくものです。
このため、ひとつの生命保険に入ったら、そのままずっと死ぬまで同じ保険に入りっぱなし、というケースも少ないと思われます。
必要な時に必要なだけの保障を受けられるようにしているか、ライフイベント毎に見直していかないと、必要以上の保障が受けられるようになっている(当然、払い込む保険料もj必要以上の金額になっている)、もしくはその逆で、必要な保障額には足りていない、ということは、充分考えられるのです。
その時々で見直して、必要な保障が受けられるか、必要以上の保障になっていないか、チェックする必要があるのです。

とはいえ、生命保険に加入するだけでも、いろいろな項目があって考えるのが大変なのに、この上定期的に見直しなんてできないよ、という人も多いでしょう。
最近では、こういった生命保険の見直しなどの相談にも乗ってくれる窓口があるので、自分で考えるのが苦手な人は、そういう専門の人に相談してみるのもひとつの方法です。

外部リンク